【りぴのウェブライター日記】星4以下の評価だった時は参考までに理由を聞いておこう

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ランサーズではプロジェクトの仕事が完了した後にはお互いの評価を付けられます。評価はプロフィール画面で確認できますし、認定ランサーになる(またはキープする)には総合評価が星4.8以上でないといけません。

色々な理由から星4以下の評価を付けられてしまう場合もあるでしょうが、そういう時ってやっぱりちょっとショックですよね。どんな仕事でも一生懸命やるのが当たり前なので、星5で評価してもらえらるくらい満足して欲しいというのが、ランサー側の本音のはずです。

でもそこでただ落ち込んでいてはもったいないので、次に同じような理由で評価が下がらないよう、次回につなげる努力をしましょう!失敗から学べることもたくさんありますからね。

ではどうすれば次につながるのでしょうか。

まずはクライアントに「なぜこの評価になったのか」理由を聞いてみましょう。

もちろん評価が不満だというニュアンスで伝えるのはNG。「今後の参考にしたいので、よろしければ理由を教えてください」と丁寧に質問しましょう。そうすればだいたいのクライアントは快く答えてくれます。

そしてその理由から自分に足りないものを知り、それを埋めるように努力すればOKです。

例えば、

  • 誤字が多かったから→校正の回数を倍にする
  • もう少し具体的に書いて欲しかったから→リサーチを今までより細かく行う
  • ムダな言い回しが多いから→最初に書いた量より200文字くらい減らすくらいの気持ちで校正する

など。

自分の文章は自分だけの校正では気がつかないミスや癖が多いものです。そこで第三者(クライアント)に見てもらってどうだったかを知ることで、自分の欠点気付けたりもします。

ただしクライアント(または校閲者など)の修正が必ずしも正しいわけではないので、「これは違う」と感じる理由が含まれていたら、それはあまり気にしないようにしましょう。

それ以外で明らかに自分のミスだと分かるものについては、直す努力をしていけばいい評価をキープできはずなので参考にしてみてくださいね。

私はライティングスクールに入っているので、悪い評価の時の理由の中に「不当だ」と感じるものがあったとしても、本当に不当なのかをライティングのプロに相談できるので、その点は恵まれているなと感じています^^

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る