【りぴのウェブライター日記】書けるジャンルを増やすために大事なこと

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ライターとしてお仕事をしていく中で、得意ジャンルを作るのも大事ですが、書けるジャンルを増やすのも大切なことです。

例えば脱毛が一番得意だったとしても、いつでも脱毛のお仕事が募集されているわけではないですよね。それにもし何かがあって脱毛のアフィリエイトがNGになったら、脱毛の記事のお仕事の数はガクッと減ってしまうでしょう。

反対に「これと言って得意な分野はないけどなんでも書ける」というのも、ライターとしての強みに欠けてしまいます。

なので、「得意分野があるけど基本的になんでも書ける」みたいな感じを目指すと、「書けるお仕事がない」という状況を防げるんです。

書けるジャンルを増やすためには、

「好奇心を持ちなさい」

と師匠から何度も言われてきました。なんでも興味を持ってやってみれば、知識が増えていくということです。

ちなみに私はほんのつい最近まで、好奇心が全くない人間でした(笑)「やったことないことは怖いからやらない」「何か分からないものは食べたくない」「興味ないことはやらない」っという感じ。おかげで私の生きる世界はめっちゃ狭かったです。

でも最近はやっと色々なことに好奇心を持てるようになってきました。

  • 食に興味を持つ→食レポが上手くなる
  • 話題のアプリはとりあえずDLしてみる→そのアプリについての記事が書ける
  • ペイペイを使ってみる→ペイペイだけでなくアプリで決済する仕組みが分かる
  • 気になる本、映画、漫画、雑誌を読んでみる→知識がつく、語彙力が増える、想像力が高まる、エンタメ系の記事がかける

こんな感じで新しいサービスやもの、食べ物や少しでも興味がわいたものに手を出すようにした結果、仕事で書けるジャンルが増えてきました。

もちろん経験したことが全部お仕事につながるかと言えば、そうでもありません。でも、やってみて「失敗したな」「つまんなかったな」と感じることでも、自分の経験になります。人間は経験を積み重ねないと成長しないのです。

好奇心を持つことは仕事のジャンルが増えるだけでなく、人としても成長できる。損はしないということですね^^

みなさんも好奇心を持って色々なことにチャレンジして、書けるジャンルを増やしていきましょう!私もまだまだ挑戦中です♪

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る