【りぴのウェブライター日記】必ず仮入金が済んでから仕事をスタートさせよう!

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

私はランサーズを利用し始めて2年くらい経ちますが、使い始めたばかりの頃と慣れた頃にやりがちなのが「仮入金前に作業をしてしまう」というものです。

ランサーズをはじめとするクラウドソーシングでは、必ず契約を結んで仮入金が済んだあとに仕事をスタートすると決められています。

仮入金が済んでいれば、もし納品後にクライアントと連絡が取れなくなっても強制的に報酬を支払ってもらえるのです。(もちろんランサーズのチェックは入りますが)

ランサーズの使用に慣れているクライアントさんは、具体的な指示を出す前に仮入金をしてくれます。しかし慣れていない人だと、仮入金前に「では執筆の方をよろしくお願いします」と仕事をスタートさせてしまう人もいるので注意が必要。

もし仮入金前に具体的な指示を出されてしまったら、

「仮入金後に仕事をスタートするのがルールなので処理をお願いします。」

と一言メッセージを送ればOKです。

ちなみに「仕事」とは、文章を書くことだけではありません。構成を作成したりペルソナを考えたりと、記事を書くまでの準備も含まれます。

そしてもう一つ忘れがちなのが、ランサーズのメッセージ機能以外でやり取りをする時です。クライアントさんによっては外部のメール(Gmailなど)やチャットワークなどでやり取りをしたいと申し出てくる場合もあります。

ランサーズのメッセージ機能以外を利用しても良いのですが、「必ず仮入金を済ませたあと」と決められているので注意しましょう。

「チャットワークでのやり取りにしたいのでIDを教えて下さい。」

と言われたら、仮入金が済んでいるのを確認してからIDを教えて下さいね。

ランサーズの扱いに慣れていないと、仮入金がされていないことに気がつかなかったり、そもそも仮入金についてよく知らない場合もあります。

慣れてきた時もつい忘れてそのまま記事を書き上げてしまうこともあるので、作業を始める前に仮入金を済ませてあるのか一度確認する癖をつけておきましょう。

せっかく仕事をしたのに報酬がもらえないとなるとタダ働きになってしまいます。仮入金が済んでいれば多くの場合は報酬をもらえるので、忘れないように毎回チェックして下さいね!

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る