【りぴのウェブライター日記】ランサーズを始めたばかりで実績が少ない時はタスクにも目を向けよう!

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ランサーズに登録したばかりの頃だと、実績が少ないので「なかなかプロジェクトの仕事が受注できない」と悩みやすいものです。同じプロジェクトに提案している人の中に、認定ランサーや実績が100件以上の人がいると、実績が一桁台の人は選ばれにくいというのは事実。

もちろん絶対に選ばれないわけではありません。例えばエステ関係のプロジェクトだったら、実績が少なくてもエステサロンの勤務経験がある人なら受かりやすいのです。

では特にアピールできるものがなく、実績が少ないのが理由でプロジェクトの仕事が受けられない時はどうしたらよいのでしょう?

受かるまでどんどん提案したり、安い単価のプロジェクトで実績を稼いだりするのも方法の一つですが、タスク作業に目を向けるのもおすすめです。

タスク作業はクライアントの条件(承認作業が終わっているかなど)に合う人なら誰でもできます。その代わり提出したものが承認されないと報酬はもらえないのですが、メッセージでクライアントとやり取りする手間がないので手軽です。

タスク作業は1件あたり50〜500円と報酬が低いのですが、「作業数」としてプロフィールに掲載されますし報酬ももらえます。

ちなみに、

タスク作業はライティング・ネーミングの仕事だけでも300件以上もあるんです。プロジェクトが受けられず提案作業だけを繰り返すより、1日5件でもいいのでタスク作業をやった方が実績と報酬は獲得できます。

タスクの作業数が増えてきたら、「プロジェクトの実績はまだ少ないですが、タスク作業を中心にやっておりましたので〇〇件ほど実績があります。」とプロジェクトの提案時にアピールしましょう。

タスク作業は報酬が低いので目を向けていない人もいるでしょうが、完了すれば立派な実績になります。プロジェクトがコンスタントに受けられるようになればそこまでやる必要はないとは思いますが、ビギナーのうちはやれることをやる姿勢を大事にしましょう。

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る