【りぴのウェブライター日記】ランサーズの「ファイル管理」を上手に使っていますか?

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ランサーズでクライアントさんに記事や画像データなどを納品する時、みなさんはどうやってお渡ししていますか?

方法としては、

  • ランサーズのメッセージに添付する
  • プロジェクトにある「ファイル管理」画面にアップロードする
  • ランサーズ以外のチャットツールやメールなどで送る
  • 無料のオンラインストレージサービスを使う

などがありますよね。

クライアントさんから納品方法に指定がなければどれでもいいと思いますが、あまりおすすめできないのが「ランサーズのメッセージに添付する」方法。

なぜなら、容量が重いデータは送信に時間がかかるので、上手く送信できない場合があるからです。容量が軽いデータなら送れますが、もともとメッセージのみのやり取り様に作られている機能なので、重いデータの送信には向いていません。

送信に時間がかかると、その間じっと画面を見つめて待たなければいけませんよね。画面から離れて別作業をしていると、送信を失敗していることに気がつかず、翌日以降に納品できていないことに気がつくなんてこともあります。(これ、実際にありました)

そこでおすすめなのがプロジェクトにある「ファイル管理」でアップロードする方法です。これなら画像ファイルなど重めのデータでも5秒くらいでアップロードできます。クライアントさんにはこのページのURLと一緒に、「ファイル管理にアップロードしてあります。」と伝えればOK。

ちなみにこのページです。

たしかに、納品を完了したメッセージをクライアントさんに送るので、そのついでにデータを添付した方が楽かもしれません。でも、失敗して何度もやり直すことになれば時間のロスになってしまいます。

ここ一年くらいはファイル管理画面にデータをアップロードする方法で納品していますが、めちゃくちゃ重いデータでなければ失敗することなくアップロードできてますよ!

ファイル管理画面でアップロードできないくらい重いデータの時は、無料のオンラインストレージサービスを使っています。

ライターを始めたころから愛用しているのはこちらです。

firestorage

作業効率を上げるには一つ一つの作業にムダがないのかを確認するのが大切です。納品処理の中でも、自分が一番最短で終えられる方法を選びましょう!

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る