【りぴのウェブライター日記】ランサーズでプロジェクト終了後の評価はどうしてる?

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ランサーズでプロジェクトの仕事が終わると、クライアントに評価が付けられますよね。評価コメントと5段階評価の星が付けられますが、強制ではなく任意です。

みなさんはどうしていますか?

私はほぼ毎回評価を付ける代わりに、評価コメントには時間をかけすぎないようにしています。

だいたいのクライアントさんが自分に対して評価をしてくれるので、評価を付けないとなんだか落ち着かなくて。それに、なんとなくそっけない感じもしますよね。

でも、評価コメントには極力時間をかけずに、2分程度で終わるように心がけています。

ランサーズを始めたばかりの頃は、1つの評価に5〜10分くらい使って文章をアレコレ考えていました。

その理由は、

  • 良心的なクライアントなので感謝を伝えたい
  • 丁寧に書いた方が継続率がアップする気がする
  • マメな人だと思われたい

です。

ではその結果、仕事の継続率はアップしたでしょうか?

答えは残念ながら「NO」

なぜなら、大事なのは評価コメントの完成度ではなく、仕事の完成度ややり取りがスムーズにできるかどうかだからです。

今はほぼコピペのような内容で評価していますが、初心者の頃より今の方が仕事の継続率は上がっています。

つまり、評価コメントで丁寧さやマメさをアピールするより、記事のクオリティをアップさせることに力を注いだ方が効果的ということですね。

「ありがとうございました!またよろしくお願いいたします。」

たったこれだけしか書かなくても、記事に満足してくれているクライアントは継続依頼を出してくれます。

反対にとても丁寧に評価を付けてくれても、音信不通になったり継続はしてくれないクライアントもいるんです。

そう考えると、評価コメントに時間をかけるのはもったいないと思いませんか?

自分であらかじめ定型文を作っておいて、コピペして少し手を加えるだけで十分。その方が時間がかからず、「なんてコメントしよう?」と考えるストレスもなくなります。

力を入れるべき部分と入れなくてもいい部分を見極めて、効率よく仕事をしていきましょう。

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る