【りぴのウェブライター日記】ランサーズでクライアントから連絡先を教えて欲しいと言われたらどうすればいい?

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

ランサーズでクライアントとやり取りをしている時に、

「連絡先を教えて下さい」

と言われて、メールアドレスや電話番号を聞かれたことはありませんか?

ランサーズにはメッセージ機能やテレビ電話機能があるので、基本的にはメールアドレスや電話番号は必要ありません。

しかし記事をまとめるのにGoogleのスプレッドシートを使っていたり、WordPressにログインしたりする場合はメールアドレスが必要になってきます。

クライアントに連絡先を教えて欲しいと言われた時、「教えても大丈夫なのかな?」と迷う人もいるはずです。

では、ランサーズのルールではどのようになっているのでしょうか。

まず、連絡先の交換は仮入金前にしてはいけないと決まっています。

参照:https://www.lancers.jp/faq/l1028/132

なので、仮入金前に連絡先を教えて欲しいと言われたら、まずは仮入金を済ませてもらうようお願いしましょう。

そしてもう一つは、ランサーズが連絡先を交換しても問題ないと判断した時のみ交換ができるようになっています。

電話番号やメールアドレスをランサーズのメッセージ内に入れる時は、「連絡先公開申請」をしないと送れないようになっています。

申請を出してOKが出れば、連絡先を交換できるようになるというわけです。

例えば、「ランサーズ上での取引を前提としていない直接取引を目的としたメッセージと判断した場合」は、連絡先の交換がNGとなっています。

詳しくはこちらに記載してあるので、一度目を通しておくのがおすすめです。

クライアントから連絡先を聞かれたら、

  • まずは仮入金を済ませてもらう
  • 連絡先公開申請を出す

この2つの手順で進めばOK。

クライアントがこの流れを理解していなければ、こちらのページを見てもらって説明するとスムーズにやり取りが進むので参考にしてみてくださいね。

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る