【りぴのウェブライター日記】テストライティングの文字単価があまりにも安すぎる案件には注意しよう!

りぴのウェブライター日記

こんにちは、りぴです。

クラウドソーシングで案件を探していると、テストライティングをやってから本採用という形を取っているクライアントをよく見かけますよね。

本格的に仕事をしていく前にどんな記事が書けるのか知りたい気持ちは分かるので、テストライティングがあること自体は悪くないと私は思っています。

ただし注意して欲しいのが文字単価や記事単価です。

本採用の前のテストライティングは、単価が本採用時よりも少なく設定している案件がたくさんあります。「お試し発注」という感じなので多少安くてもいいかなと思いますが、安すぎる単価の場合はあまりおすすめできません。

例えば、

「本採用→1文字1円 テストライティング→1文字0.2円」

など。

これでは例え2,000文字の記事を書いても、たったの400円にしかなりませんよね。

実は安すぎる単価でテストライティングをやらせる案件は、安く大量に記事を書かせるのが目的で、本採用に進める気が初めからない場合もあるのです。

実際、1本採用1.5円でテストライティング0.8円くらいの案件でも、採用の合否がなく終わってしまった案件も何件か経験しています。

では、だいたいどれくらいの金額であればテストライティングを受けても損をする可能性が低いのでしょうか?

私は本採用の単価の半分をボーダーラインにしています。例えば文字単価1円なら0.5円までならギリギリOKかなという感じです。実際はもう少し上の0.8円くらいなら受けることが多いですが^^;

半分くらいの単価のテストライティングなら、それ以下の案件よりきちんと合否を教えてくれる確率が高いと思います。(経験上)

ただしどのクラウドソーシングでもそうですが、いくらでテストライティングをしても合否を出してくれないクライアントもいるのが事実です。

しかし安すぎる案件の方がは搾取案件の可能性が高いので、「どうしてもこの案件じゃないとダメ!!」という時以外は避けておくのをおすすめします。

最後にもう一つ。

稀にクラウドソーシングで案件を出しておいて、

「まずは無料で2,000文字の案件をテストとして書いていただきます。」

と言ってくるクライアントもいます。

クラウドソーシング外のメディアの採用テストでは度々あるので良いですが、クラウドソーシング経由ではこういう案件に応募するのはNGです。

クラウドソーシングに出している案件の条件と違いますし、クラウドソーシングを経由しているのに無料で書かせるのはルール違反。

「2,000文字2,000円」という案件で募集をかけていたら、テストであっても0円で2,000文字を書かせるのはダメです。

タダで書かされて報酬はないし合否も教えてもらえない。(または問答無用で不合格)これではタダ働きになってしまいますよね。

テストライティングならなんでもアリなわけではないので、条件を確認して損をする可能性ができるだけ低い内容を選んでいきましょう。

>>「原久鷹プロウェブライター養成講座」について詳しく見る