「LINEの乗っ取り」を防ぐために「なぜ乗っ取られるか」の原因を知り、乗っ取られないようにするためのたった一つの方法

もうここ何年か前から、「LINEが乗っ取られた!」というツイッターの投稿や、時には「〇〇カードを買ってください」というたどたどしいメッセージが、友だちから送られてきた、という経験ありませんか?

最近Facebookを見ていると、よく「LINEを乗っ取られました!」という投稿をよく見るので、LINEの乗っ取りに関しては専門家として他のメジャーな情報サイト(こちらから読めます)に寄稿しているのですが、改めてここで対策を紹介します。

現在ではLINEの乗っ取りがよく知られるようになった頃よりはかなり乗っ取り対策が施されているので、乗っ取り件数自体は大分減ったのではないかと思います。

それにもかかわらず、いまだに乗っ取られているという声を聞くわけで、まだ乗っ取りが「できなくなった」わけではありません。

乗っ取りの手口も様々で、実際にどのように乗っ取られてしまったかというのは、当事者もよくわかっていないことも多く、乗っ取られ方に関しては案外情報が出ていません。

そこでここでは、「こうすれば乗っ取りができる」という方法を紹介し(悪用はしないでくださいね!)、その対策について説明していこうと思います。

まずはLINEの乗っ取りの仕組みを考える

では、なぜLINEのアカウントが乗っ取られてしまうのか。

その仕組みというか、理由は二つ考えられます。

ひとつは

「LINEの機種変(端末変更)の方法で乗っ取る」

方法。

もう一つは

「パソコンなどの外部デバイスで他人のLINEにログインする」

という方法です。

おそらくほとんどの乗っ取り犯は、この二つの方法で他人のアカウントになりすましして、

「〇〇カードをコンビニで買ってきて」

というメッセージをおくり、騙された相手にプリペイドカードを買わせて、カードのナンバーを転売して儲けているのです。

機種変機能でLINEアカウントを乗っ取られないための対策

ではまず1番目の方法の対策から説明しましょう。

と言っても、実は乗っ取り対策は二つとも同じです。

乗っ取られないための重要なポイントは「4桁の認証コード」にあります。

スマホを機種変して新しい端末に今まで使っていたLINEアカウントの情報を移行するためには、アカウントで登録した「メールアドレス」「パスワード」のセットが必要です。

そして新しい端末にこの二つでログインする時に、登録している電話番号のSMSへ「認証コード」が送られてきます。

4桁の認証コードはSMS(メッセージ)で送られてくる

このコードは操作時に一時的に発行されるものですから、メールアドレスやパスワードのように誰かに知られてしまう可能性はほとんどありません。操作時に随時自動的に生成されるからです。

ですからこのコードさえ他人に教えなければ、引っ越し機能を使った乗っ取りは防止できます

逆に言えば、メールアドレスは当然のことながら他人が知ってますすし、パスワードもLINE以外のサービスと同じものを使っている場合、他のサービスから漏れてしまっている可能性があるため、この二つは「比較的漏れ、盗まれやすい」ものと思ってください。

 

4桁の認証コードは絶対に他人に教えない

だからこそ、この一時的に発行される認証コードが重要になるなのです。

しかし、乗っ取り犯は、あの手この手でこの認証コードを知ろうとしてきます。

考えられる方法は、比較的よく乗っ取られているFacebookやその他のSNSのアカウントを使って、あるいはスマホのメールやメッセンジャーでこの認証コードを聞いてくる方法です。

「自分のスマホを紛失して、アドレス帳が使えなくなってしまったので、いまSMSであなたに認証コードを送ってもらって復帰させる手続きをしたので、SMSに届いた4桁の認証番号を大至急教えてください」

Facebookを乗っ取られた友達からこのようなお願いがメッセーンジャーで送られてきたら注意

これまでFacebookなどで友達からこんなメッセージを受け取ったことはありませんか?

ちらっと読んだだけでは一体何が書いてあるかわからないのですが、このわからないというのがポイントです。

よくよく読むとおかしいなと思ったとしても、仕事中の忙しいタイミングや立て込んでいるときに、知り合いや友達から「大至急」といわれると、つい言われた通りにSMSを確認して認証コードを教えてしまうという失敗をしてしまうわけです。

繰り返しますが、乗っ取りを防ぐためにはSMS(SMSはショートメッセージの略です。SNSではありません)で届くこの認証コードは絶対に他人には教えないということを徹底してください。

もちろん、SMSのメッセージにも注意書きがあるのですが、案外それを読まずに教えてしまうケースが多いのです。

LINEに限らず4桁の認証コードは、銀行ATMの暗証番号並みに「機密性が高い、他人には教えていけない番号」であると考えててください。

パソコン版のLINEアプリで乗っ取る方法を防ぐには

もう一つの乗っ取り方法が、パソコン版のLINEアプリを使うものです。

普段LINEのパソコン版を使っていない人は「そんなものがあるの?」と思うかもしれませんが、Windows、Macともに、LINEのアプリが用意されています。

アプリでLINEにログインする際には、スマホの機種変と同様「メールアドレス」「パスワード」が必要になります。

これにプラスして初回のパソコンからのログイン時などに、前に説明した機種変更時と同様に、SMSで送られてくる「認証コード」が必要となります。

つまり、とにかく認証コードを他人に教えないこと。これが基本です。

認証コードさえ教えなければ仮に「メールアドレス」「パスワード」が漏れても乗っ取りはされません。(よくできると誤解している人も見かけますが、それはほとんど間違いです。絶対に違うと言い切ることも難しいのですが)

さらにパソコンからLINEアカウントにログインしようとすると、そのLINEにログインしようとした旨のメッセージが届きます。このメッセージが届いた場合、誰かが自分のアカウントを乗っ取ろうとしていると考えたほうが良いので、アカウントのメールアドレスやパスワードを変更するなどの措置を取ったほうが良いでしょう。

他のデバイスでログインするとこのようなメッセージがLINEに送られてくる

しかし、このパソコン版を使った乗っ取りを防ぐには、もっと簡単な方法があります。

それはLINEの「・・・(その他)」→「設定」を開き「アカウント」の中にある「ログイン許可」を「オフ」に設定するというやり方です。

この「ログイン許可」は、パソコン版やiPad版で自分のLINEアカウントを使うための設定で、これらを使わないのであれば「オフ」に設定してしまえば、パソコン版からの乗っ取りはできなくなります。

普段からパソコンでLINEを使っていないのであれば、この機能はオフにしておいたほうが安全でしょう。

 

認証番号を誰にも教えないのが乗っ取り防止のたった一つの方法

ということで、ここではLINEの乗っ取りを防ぐ基本的な方法について説明してきました。

いずれも、仮にパスワードを盗まれても、犯人がログインしようとした時にSMSに送られてくる認証番号を誰にも教えなければ、乗っ取ることはできません。

犯人は、他のサービスであなたの友達や知人のアカウントを乗っ取って、この認証番号を聞いてきますから、これを絶対に誰にも教えない、というのが乗っ取り防止の最大で、たった一つの方法なのです。

Follow me!