サルでもわかるブロックチェーンを究極的に分かりやすく説明してみた

ビットコインをはじめとした仮想通貨が人気になって以来、「ブロックチェーン」という言葉をよく聞くようになりました。

このブロックチェーンは仮想通貨を運用するうえで欠かせない技術ですが、これがどんなものなのか詳しく説明できる人はほとんどいないといっていいでしょう。

それだけブロックチェーンは難しい仕組みです。

今回は、このブロックチェーンがどういうもので、使うことでどんなことができるのかについて説明していきます。

ブロックチェーンの歴史

ブロックチェーンは、ビットコインを実現するために考案されました。

2008年10月、ビットコインの産みの親である「サトシ・ナカモト」なる人物が、ビットコインを実現させるための技術として論文に書いたのがブロックチェーンの始まりです。

その後、サトシ・ナカモトの論文に興味を持ったプログラマーたちの手によって、ブロックチェーンは誕生しました。

ビットコインのブロックチェーンには、ビットコインの過去すべての取引が記録されています。

そして現在の取引もすべて、それまでのブロックチェーンに追加される形で記録されているのです。

ブロックチェーンで何ができるのか?

ビットコインのブロックチェーンは、ビットコインの取引を記録するための仕組みです。

ビットコインのブロックチェーンには、以下3つの特徴があります。

  • 高いセキュリティで情報を管理→信頼性
  • 分散管理→安全性
  • 不特定多数で管理→自由

ビットコインのブロックチェーンは、「信頼性」「安全性」「自由」と3つの特徴を兼ね備えているのです。

ブロックチェーンのこれらの特徴については、次のパートから一つずつ説明していきます

何故ブロックチェーンはセキュリティが高いか

ブロックチェーンの特徴の一つ目は、高いセキュリティで情報を管理していることにあります。

ではなぜ、ブロックチェーンはセキュリティが高いのでしょうか?

ここではビットコインのブロックチェーンを例にとって、説明していきましょう。

先ほども説明したように、ビットコインのブロックチェーンには、ビットコインのすべての取引が記録されています。

そしてブロックチェーンに一度組み込まれた取引の記録は、改ざんすることが非常に難しいように設計されているのです。

ビットコインの一つひとつの取引記録は、約10分ごとに一つのブロックにまとめられ、ネットワークの参加者たちから承認される仕組みとなっています。

承認されたブロックは約10分前に承認された一つ前のブロックに、チェーンのようにつなげられます。

ビットコインのブロックチェーンは、ビットコインの最初の取引から今に至るまで、すべてのブロックが一本のチェーンでつなげられており、これがブロックチェーンと呼ばれる理由です。

少し話が難しくなりますが、ブロックの情報を暗号化した「ハッシュ値」を次のブロックに保存するのがブロックチェーンのセキュリティのポイントとなります。

このハッシュ値を解読するためには「総当たり」の計算をしなければならず、計算には膨大な計算量が必要になります。

仮に10個前のブロックの取引記録を改ざんしたとしても、改ざんしたブロックの次、9個前のブロックにハッシュ値として記録されている取引記録の値も新たに計算しなければなりません。

さらにブロックチェーンは常に新しいブロックが追加されていますからの改ざんを成功させるためには、正規のブロックよりも早く現在のブロックまで改ざんしたチェーンをつなげなければなりません。しかしハッシュ値を求めるのには膨大な計算量が必要になるうえ、計算している間も正規のブロックチェーンは約10分ごとにどんどんブロックが増えています。

さらに改ざんしたブロックがつなぎ直せたとしても、ブロックチェーンは情報を複数のコンピュータで分散管理していますから、一つのコンピュータだけで改ざんしたチェーンは他のコンピュータのデータとは異なるため、不正であることがすぐにバレてしまい、正規のチェーンとして承認されないのです。

このようにブロックチェーンは暗号化などのセキュリティとブロックチェーンの仕組み自体が改ざんしにくいため、セキュリティの高い情報管理が可能となっているのです。

ブロックチェーンの分散管理のメリット

ブロックチェーンの二つ目の特徴は、分散管理による安全性の高さです。

ブロックチェーンは複数のコンピュータによって分散管理される仕組みとなっていることから、ブロックチェーンのデータそのものがなくなる心配は非常に低いと言えるのです。

日本円などの法定通貨を扱う銀行では、銀行が中央のサーバーにデータを管理し、一人ひとりのお客さんがそのサーバーにアクセスするという「中央集権」的な管理方法をとっています。

中央集権的な管理方法の場合、中央のサーバーに何かトラブルがあれば、サーバーに保管していたデータは全滅しかねません。

しかしブロックチェーンではハードウェアを分散させて管理するることによって、このリスクを低くしているのです。

ブロックチェーンは複数のコンピュータに、まったく同じ形のものが保存されるようになっています。

もし管理しているコンピュータのうちの一台が故障すれば、そのコンピュータに保存されているブロックチェーンは消えてしまいます。

しかし故障したコンピュータ以外にも、複数のコンピュータに同じブロックチェーンが保存されているため、ブロックチェーン自体が失われることはありません。

ブロックチェーンを保存しているすべてのコンピュータが同時に故障でもしないかぎり、ブロックチェーンのデータが失われることはないと言えるのです。

このようにブロックチェーンは、複数のコンピュータで分散管理されることで高い安全性を保っているのです。

誰がブロックチェーンの情報を管理するのか

ブロックチェーンの最後の特徴は、不特定多数で管理することと、誰でも管理に参加できる自由な柔軟性にあります。

日本円などの法定通貨には必ず、政府や中央銀行という管理者が存在します。

一方でビットコインのブロックチェーンには、特定の管理者がいません。

ビットコインのブロックチェーンは、不特定多数の管理者たちが、対等な立場で管理しているのです。

ここで言う不特定多数の管理者たちというのは、先ほど説明した、ブロックチェーンを分散管理しているコンピュータ一台一台の持ち主たちです。

彼らはビットコインの関係者というわけではありませんが、ブロックチェーンの分散管理に自分のコンピュータを提供することで、ブロックチェーンの管理に参加しています。

このようにビットコインのブロックチェーンの管理には、誰でも自由に参加できるのです。

ただし、これはビットコインのブロックチェーンの話で、仮想通貨のなかには特定の管理者によってブロックチェーンが管理されている仮想通貨もあります。

まとめ

ブロックチェーンは、ビットコインの技術を実現させるために「サトシ・ナカモト」なる

人物の論文によって誕生しました。

ビットコインのブロックチェーンには、ビットコインの取引がすべて記録されていますが、法定通貨の取引の記録方法とは大きく異なります。

ビットコインのブロックチェーンには、以下3つの特徴があるのです。

  • 高いセキュリティによる信頼性
  • 分散管理による安全性
  • 不特定多数の管理による自由さ

ビットコインのブロックチェーンはその仕組み上、改ざんが難しく、分散管理していることから安全性も高く、不特定多数で管理することによる自由さを持っています。

ブロックチェーンは革新的な技術であり、多くの企業からも注目されています。

今後、ブロックチェーンの技術を活用した企業もどんどん増えていくことが予測できるでしょう。

投稿者プロフィール

ヴァシコ
ヴァシコ
~おもな経歴~

神奈川県横浜市出身。成城大学経済学部経済学科卒業。
キックボクシングではプロのリングにも上がり、日本人はもちろん、ブラジル人やタイ人など外国人選手とも対戦経験あり。
・大学卒業後、神奈川県警に就職
仕事中に重度のアトピー性皮ふ炎を発症したため、退職。
前職2つをどちらも同じ病気で辞めることになってしまって以来、在宅でできる仕事の中でもwebライターを目指す。